タグ:新規就農

新規就農は今ではかなり広く門戸が開かrていますが、
私が新規就農した1988年ころは、
まだまだ就農希望者は歓迎されてはいませんでいた。

農地を貸してくれる人は見つかりませんし、農業者と認められるには5反(50a)の耕作地がなければ認めてもらえず、農業者として認めてもらえない私には農業資金の借り入れは『不可能』だったので、父親から少しずつお金を借りながらのスタートでした。

今では新規就農はしやすくなり、資金も借りやすくなりました。
しかし、そのおかげで開業したものの営農が困難になり、返済ができずに自己破産をするケースがかなりあると聞いています。


農業者として認められない自称農業者の私のキャッチコピーは、

 「夜逃げのできる農業者」 ・・・でした。


つまり、家(先祖)にも土地にも借金にも縛られず、
やめたくなったらいつでも辞められる農業ということです。



借金のために農業がしたかったわけではないですものね。
太陽と風と土と一緒に生きることがしたかったのですから、
作目や技術に合わせて土地は選べばいいし、
生活ができなくなったらやめて転職したらいいと思っていたからです。



とは言うものの、今では夜逃げはできなくなり、
借地ではありますが農地をしっかりと確保し、
借金もあるので、当初の農業者とは違ってしまいましたけれど。 ^^。



さてさて、そんな私にできることは、
新規就農を目指しているみなさんを応援することです。

本当のことを言うと、新規就農はお勧めしません。
だって、儲からないし、大変ですから。



しかし、どうしても就農がしたいという方には応援を惜しみません。
どうかひと声かけてください。
ひょっとしたらあなたがぶつかっている壁を打ち破るヒントを
手渡してあげられるかもしれません。

ハイフラワーの周辺もたくさんの農地が空いてきました。
腕試しをする農地が確保出来るかもしれません。
立派な農場を持つために借金をするには営農の技術を身に着け、
自分に合った作目を絞り込んだのちでも十分間に合います。
むやみにお金を借りないでくださいね。

何か協力ができることがあれば連絡をください。
それに応えることが、私を応援してくださったたくさんの方に
恩返しをすることだと思っています。


でも、新規就農は・・・・・・お勧めしませんよ。

新規就農者の先輩からのひとことでした。   ^^。



  <<求人情報>>に続く    こっちのほうがいいと思うよぉ~~~!


  <<就活をしているみなさんへ>> に続く


     <<ハイフラワー  トップページ>> にもどる

ちょっとい記事は重複しちゃうのですけれどね。
ジャガイモとスイカのことを書いちゃいます。



野菜作りなんて何も知らない私でしたが、地元に野菜のことを教えてくださる先生を見つけたのです!!
ある集まりの時に、ハイフラワーで野菜を作りたいと言ったら、全面的に協力をしてくださるというのです。

そして、その先生の言うことそのままやったらおいしいジャガイモやスイカができたのですよ!!

ジャガイモを掘ってみると、IMG_0641結構採れるのですよ。

見てください、私の初収獲です!!!










しかも、かなり大きなジャガイモが!
IMG_0642
とってもおいしいジャガイモになったのです!!



いやいやホント! おいしいのですよ、このジャガイモ。










ジャガイモ掘りも大盛況でした。IMG_1224

暑い中、みなさん頑張って掘り上げていました。



手入れが悪くて、草ボーボーにしちゃったんですよねぇ。








こちらはその次に手掛けたスイカの畑。
スイカもこんな風に始まりました。

IMG_0477
大麦のマルチをしてスイカを守ります。

収獲の期待が大きくなっている頃です。


これもわけがわからないまま進んでいったのですよ!





IMG_0928
それでもスイカは大きくなって、
私の想像以上のおいしさのスイカが採れたのです。

ジャガイモもスイカももちろん『じゃらん』で完全に集客
いちご狩りの時に得た『じゃらん』の力はここでも絶大でした。



とくに『スイカ狩り』なんて、日本中探してもどこにもないはずですからね。










IMG_1451ジャガイモ掘りやスイカ狩りの時に
試食で食べた採れたての暖かい(!)スイカ。

みんな甘いスイカに笑顔、笑顔!!

収獲体験型の農場はみんなの笑顔をいっぱいにしますよ!!!







花づくりばかりしてきた私ですが、露地の野菜作りは楽しいです!!
そして、お客様の笑顔と一緒に仕事ができることも素晴らしいです。

東北道 羽生インターから10分以内という東京・千葉・多摩方面からのアクセスの良さ、
埼玉の県南からでも1時間ちょっとという手軽さがこの農場のひょっとしたら一番の魅力かもしれません。

ここはただの農村地帯ですが、すぐ南にはたくさんの人口を抱える大都市が控えていたわけです。
分かってはいましたが、こんなにもたくさんの人が来てくださることを改めて確認しちゃいました。

何のとりえもない農場かと思いましたが、『自然に触れたい、収獲体験がしたい!』というニーズにこたえることが出る農場なのかもしれないと思うと、ワクワクしながらこれからまだまだ商品を増やそうと計画しています。



そして迎えた10月。

IMG_2021
10月末から行った、『さつまいも掘り』、『コスモス巡り』にこのツアーに参加された方がたくさんお越しくださいました。

暑い暑い夏にハイフラワーで頑張った時の笑顔にまた会えたのですよ!!


もちろんさつまいも掘りは大盛況で予約はいっぱい!!!
予定以上のお客様に、野菜の先生が、直売所用のさつまいもの農場も解放してくれたのです。

さつまいも掘りだけで700人以上の方が来園してくれました。
これには私たちが驚いちゃいましたよ!!   ^^。



この地域も農家のみなさんの高齢化で農地が空いてきています。
そんなところを野菜の先生たちと協力して活用させていただけたら、このあたりの農地も荒れずに維持ができます。

そして、 農業体験をして、おいしいものを求めに来てくれる人はこの近くにたくさんいることもわかりました。

おいしいハイフラワーをもっともと広げていきたいですねぇ~~~、^^。



残念ながら、おいしいものに花は勝てませんね。  ^^。    2020/11/08



ハイフラワー  トップページにもどる

このページのトップヘ