ハイフラワーは花の農場。


     ・・・ですが、                     DSCN9998


イチゴの試験栽培をしています。


花の需要に季節性があることは

日本の四季がはっきりしていることの影響だと思うのですが、

この頃はその季節性が、さらに強くなってきて、DSCN9995

夏と冬の花の需要が極端に減っています。



それなので、

  イチゴの生産を始めようと思うのです!   



そもそもの始まりは、イチゴの生産者から、
生産用の苗を委託されたところから始まります。DSCN9996

納品した苗の調子がとても良いということで、
去年もまた頼まれたのです。

『そんなにいい苗だったら、イチゴを作ってみよう。』

と思って、試験栽培をはじめました。


設備はお手製。DSCN0002
一番安い65型のプランターに
花の栽培用土をベースに作った
イチゴ用土を入れて、
温湯配管をプランターの間に当てて保温し、
潅水チューブを這わせました。


試験の開始が遅くなったので、
今、やっと初収穫になりました。
そして、思っていたよりも大きな実がなり、          DSCN9997
甘く仕上がったのですよ!


今年はわずか200株のとちおとめですが、
時季の生産は6000株の紅ほっぺを植えつけます。

ただ今親木を育成中!!!

3年をかけて、この3倍の生産していきたいと思っています。

           ・・・うまくいったらですけれどね、^^。DSCN9994


おいしいイチゴをたくさんの人に
食べてもらえたらうれしいですね!!
それには、まだまだ勉強です。

そのためにも、・・・試食は欠かせませんよね。   ^^。


                (2018年03月20日現在)



追記  2021年2月20日 

そんな試験生産から始まったイチゴの生産です。
そして、イチゴの本格稼働の3年目を迎えた今年。
やっとイチゴの味が安定して、味のコントロールができるようになりました。
お客さまからもたくさんの「おいしい!」を頂いています。

しかし、しかし・・・、
収穫量に関しては安定していないのですよね。
まだまだ腕が悪いと言うことですよね。

それでもイチゴ狩りでほぼ100%イチゴは消化されていて、
お客様をお断りをしている状態です。

わざわざハイフラワーを選んでくださった方にお断りをするのは
本当につらいものですよね。


ただ、来てくださった方には「おいしい!」と言ってもらい、
「楽しかった~~~!!!」とも言ってもらえるような農園を目指して
今日もお客様をお迎えします。

『じゃらん』の口コミを見ていただけると嬉しいですね。
おいでくださったみなさんの『笑顔』がたくさん書かれていますよ!
是非ご覧ください。
                     ^^。



  <<イチゴの生産 本格稼働1年目!! >> に進む

  <<イチゴの生産 2年目のスタート!! >> に進む

  <<イチゴの生産 3年目!>> に進む


     <<ハイフラワー  トップページ>> にもどる