農事組合法人ハイフラワーについて

IMG_3536農事組合法人ハイフラワーは埼玉県川口市にある花壇苗生産会社(有)石井フラワーガーデンの石井、千葉県九十九里出身の赤松と菖蒲町の生産農家はらナーセリーの原の3人の頭文字でH.A.I.Flowerと名付け、「羽生市から全国に花を」を合言葉に高度花卉生産システム確立(国庫事業)を導入し、平成8年6月に設立、平成10年5月より花壇苗生産法人としてスタートしました。

 当農園は利根川の雄大な流れのほとり、羽生市発戸(ほっと)・村DSCN0561君地区に位置しています。自然と人と機械の調和のとれた21世紀の大規模農園のパイオニアとして、また四季折々花の咲き乱れる市民の憩いの場を目指すとともに、皆様の多種多様なニーズに応えられるように工夫されています。

約10haの農園(施設面積2.8ha、露地面積6.5ha)はその20%が通路となっており、人間生産工学に基づく作業能率を高めた設計となっています。生産部では自動播種ラインで種をまき、1時間当たり2DSCN4180万ポットの苗が植え込み可能な全自動移植ライン(世界初)が稼働することで、年間1000万ポットの生産が可能です。

 私たちはこの施設を十分に活用し、皆様にお応えできるよう努力を重ねていく所存です。

また快くご協力下さった発戸・村君・三田ヶ谷地区地権者の皆様、ご支援、ご指導いただいた羽生市、埼玉県、農林水産省のご恩に報いるため、「日本一の花の生産農場」を目指して頑張りますので皆様からのご指導、ご支援をお願い申し上げます。

日々の農場の様子は、毎日更新されるブログ
  <<農場長のつぶやき>> でご覧下さい。


*当ホームページに掲載されている写真・図版・文章等は許可無く転用・転載はご遠慮ください。

埼玉県羽生市発戸337  農事組合法人 ハイフラワー


  <<経営理念>> に続く

IMG_3515

会社概要 (旧ホームページへリンクします)

通販・リンク (旧ホームページへリンクします)